生き方を複数もつという・・・常識

こんにちは、

太郎です

 

ジメジメしますね。

大阪では、地震もあって大変な時ですが

 

今日は、大阪から東京に学びに行ってきました。

まっすぐな目

 

東京まで行って学んだことは、

本当に数多くありまして

僕の世界を大きく変えるような学びが盛りだくさんでした。

 

 

まぁ大きな講座だったのですが

一回の講座で5万円

80人くらいいたので1日で400万・・・

東京の規模はすごいなぁっと感じていました。

 

 

思いの外、講座中に隣に座った人と仲良くなることができました。

 

 

話す限りでは

本業の成果をあげるために講座を受けにきたとのこと、

また別で、web系のSEOのアドバイザーとしても活動しているとのことでした。

 

「〜さんは、どっちにパッションをかけているのですか?」

 

という言葉もつかの間

生き生きと両方を楽しんでいるとのことでした。

実は、そこで学んだことがあります。

 

 

僕は、自己啓発を2年ほど勉強しているのですが、

 

「悩むのはいけない」「一つに決めなければいけない」

などの考え方が非常に強いと感じています

 

本屋さんを見ても、
決断力・やりがい・・・・時代的な背景を見て行く中で、

 

「本当にそうか?」

と感じています。

 

かつての、一つの企業や、一つの職種で一生を全うできた時代と違い

今は、職業が終わりを告げる時代に変わってきていると言われています。

 

仮にあなたが、終わる商業を一生の職業に決めていたとしたら、

こんなに怖いことはないと僕は思います・・・

 

 

つまり今の時代を生き抜くには

「迷っている自分」を肯定することから始める必要があるのです。

 

 

今、僕には

2つのなりたい背中というものがあります。

少し、男臭いかもしれないですね。

 

1つは、エネルギッシュに自分の人生を全うする生き方

2つは、クレバーに物事を分析して、的確なアドバイスをする冷静な生き方

 

 

勝手に追いかけている2つの背中があります。

師匠のような存在です。

 

スキルや、行動を真似ているのではなく

 

生き方を学んでいるのです。

 

迷う生き方が、間違いではないとしたら

どんな生き方をして行くことが必要なのでしょうか?

 

 

それを考えて行く楽しみがあるのもいまの時代の魅力かもしれませんね。

 


あなたの努力が報われなかった7つの理由

努力家のあなたが、努力が報われなかった理由がここにあります。
あなたが求める成果を手にするきっかけとは?


ABOUTこの記事をかいた人

大瀬太郎

初めまして 『努力を成果に直結させる専門家』 大瀬太郎と申します。 私は現在、主にビジネスのスタートアップにある方、 多少の売り上げはあるものの、まだまだ収益が不安定な方に対して 『努力を成果に直結させるサポートを』しています。 残念ながら、私は『楽して稼ぎたい』とか『お金は欲しいけど努力はしたくない』という方に成果を創ることはできません。 しかし『必要な努力はする!』と決意している人に対しては、 最良のパートナーになれることをお約束します。 私は『頑張るものが報われない』ということが許せないのです。 そんな社会が腹ただしいのです。 あなたが私を頼ってくれるなら、 私はもう二度と、あなたに無駄な努力はさせないと約束します。