今からビジネスを始める人に知って欲しい成功できるビジネスの4つのポイント

皆さんこんにちは、

ふといっくの大瀬です。

 

最近では、多くのクライアントに恵まれていて

順調に今年をスタートさせていただきました。

月照2000万を去年よりも少ない労力で達成することができました。

その中でもビジネスを扱うクライアントさんが去年よりも格段に増えてきております。

 

ビジネスという部分を扱っていると、

やはり、「失敗したくない!!!」

 

こういった声が、格段に多くなってきています。

 

そういった声に応えるために

あーでもないこーでもないと

戦略を寝る毎日ですが、

 

成功するビジネスには1つのポイントと4つの要素があると言われています。

ポイントの一つは、

ビジネスの業種・業態を絞ること

その次には、

①利益率が高いモデルであること

②在庫を持たないビジネスであること

③定期的に一定額の収入が入ってくる「ビジネス」であること

④資本0もしくは小資本で始められるビジネスであること

 

それが、この4つの要素です。

こんな感じだろうな〜と思っていると、

先日みた堀江氏「多動力の著者」

 

が過去言っていた内容とモロ被りだったんですけどね。。。。^^

 

一郎
パクリだぶ〜

 

まぁビジネスはみんなパクってなんぼなので、

まぁよしとしましょう

その中身を少し解説していきますと・・・

 

①利益率が高いモデルであること

1つ目の条件は、あなたがこれから売ろうとしている商品の利益率が、高いことです。リソースの少ない起業当初においては、低い利益率のモノをたくさん売るより、高い利益率のモノを少なく売る方が成功しやすいと言えます。

②在庫を持たないビジネスであること

ビジネスにおいて、『在庫を持つというのは、大きなリスク』になります。
なぜなら、何か商品を仕入れても、その商品が売れるという保証はどこにもないからです。せっかく商品を仕入れても、売れなければなんの意味もありません。
できることなら、自分が一番始めにやるビジネスでは、在庫を持たないビジネスモデルにするべきです。そうすることで、起業の失敗確率を大幅に下げ、成功確率を格段に高めることができます。

③定期的に一定額の収入が入ってくる「ビジネス」であること

ある程度商品が売れるようになったら、次にこの問題が発生します。それは『商品が売れなければ、収入が入ってこない』ということ。

ビジネスにおいて、毎日毎日商品が安定的に売れる保証はどこにもありません。たくさん売れるときもあれば、全く売れない時もある。これでは収入が不安定ですよね。

こういう状況にならないために、『定期的に収入が入ってくること』が必要です。

但し多くの場合、この条件を満たすためにはビジネスモデルについてよく考えないと、答えは出てきづらいものです。4つの条件の中でも、特にこの条件を満たすのが難しく、工夫を求められるでしょう。

④資本0もしくは小資本で始められるビジネスであること

上記3つの条件を満たしていても、そのビジネスを始めるのに多大な資本が必要では、実際に始めることができません。多額の資本金を集めたり、資金調達をしたりしなければいけないのは、現実的にはかなりハードルが高いでしょう。

そこで、資本ゼロもしくは数百万円以内で始められることが最後の条件です。

少ない資金でも始められ、お金を投資できるようになれば、更に大きくできる』これが良いビジネスモデルの条件です。

何でもはじめは、小さければ小さい程良いのです。『小さく始めて、大きく育てる』ことを忘れないで下さい。

一度考えてみてほしいと思います。

あなたが行なっているビジネスのポイントを明確にしてみて欲しいのです。

Q1:業種業態はなんですか?

Q2:自分のビジネスは、1〜4全てを満たしているでしょうか?

 

この辺りを考えていくと、
軌道に乗りやすいと思いますよ^^

特にこの10年を切り取ってみると

成功している起業家の大半は、
この1〜4を満たしている場合が多いみたいですね。

 

ここを初期の段階で整えてあげると

成果につながるのは、時間の問題でしょう。

 

 


futoikku Line@

日常から、非日常まで!
幅広いジャンルの「仕事」の話をお届けします
あなたの毎日を太く育む上昇系Line@


ABOUTこの記事をかいた人

大瀬太郎

初めまして 『努力を成果に直結させる専門家』 大瀬太郎と申します。 私は現在、主にビジネスのスタートアップにある方、 多少の売り上げはあるものの、まだまだ収益が不安定な方に対して 『努力を成果に直結させるサポートを』しています。 残念ながら、私は『楽して稼ぎたい』とか『お金は欲しいけど努力はしたくない』という方に成果を創ることはできません。 しかし『必要な努力はする!』と決意している人に対しては、 最良のパートナーになれることをお約束します。 私は『頑張るものが報われない』ということが許せないのです。 そんな社会が腹ただしいのです。 あなたが私を頼ってくれるなら、 私はもう二度と、あなたに無駄な努力はさせないと約束します。