背水の陣でビジネスをするのは、意外と短命・・・

 

こんにちは、

ふといっくの大瀬です。

 

春になってくると、新いことにチャレンジしたくなりますよね

ビジネスをスタートしたい!

 

最近はそんな方の相談を最近よく受けます。

 

僕自身も、

スタート時は、いろんな人の相談に乗っていたので、

今も、会社を回しなが相談に乗りながら話をすることが多いのですが・・・

 

その中でよく言われる言葉が、

「ビジネスをするなら貯金をして会社をやめてからやろうと思うんです」

っていう言葉です。

 

もしくは、

「会社をやめないと、自分でビジネスなんてできないですよね・・・」

そんな言葉を聞きます。

 

そんな話を聞いた時に思うのは

「時代錯誤だなぁ〜」

 

って思うわけです。

会社を起こすってことに背水の陣のような考え方であったりだとか

「決断」ということで、無茶な選択をされる方が多いと思います。

 

起業を目指す。多くの場合、理由はお金であることが多いと言われていますね。

 

僕が推奨しているのは、

会社員の時から、収入を増やしていくことで

起業・独立に繋がっていくモデルがおすすめです。

 

会社員の時から収入を増やすポイントが3つあります。

まずは、会社員としての成果をだす

これは、まずすごく重要なことだと思うのです。

特別な才能がある人ではない限りは、

会社員ですらうまく行かない人は、自分でビジネスをしても待っているのはただただ厳しい現実です。

それまでにしっかり力をつけていきたいですよね。

 

ただここで会社員として成果をだすっていうのは、

何も、朝は始発の電車にのって

夜は終電間近まで働きましょう!

 

っというわけではありません・・・

 

決められた時間内で、与えられた仕事をこなす

 

ここに尽きるのではないかと思います。

 

市場のリサーチを行う

その次は、市場のリサーチを行う

これはそのまま、何が売れているのかを探すということです。

ビジネスの市場では、絶え間なく需要と供給のバランスが変化しています。

1年まえに、「あれいいかなぁ〜」なんて思っていたものが

もうすでに、手遅れだったり・・・

ですので、市場で何が売れているのか?

何に参入すると うまくいくのかを

会社員の時から考え続けることが重要です。

 

自分ができることでお金を稼ぎ続けられるモデルを探す

これは、先日のブログにも書いたのですが

1463

ビジネスのスタートに、向いているモデルと向いていないモデルがあります。

向いているポイント4つをこのブログに書いているので参考に見てくださいね^^

 

この3つのポイントを押させることで

安定的に自分の夢に向かって歩むことができると思います。

崖のような目標を目指すのではなく

ハードルのようにぴょんぴょんと目標を達成していきたいですね^^

 


futoikku Line@

日常から、非日常まで!
幅広いジャンルの「仕事」の話をお届けします
あなたの毎日を太く育む上昇系Line@


ABOUTこの記事をかいた人

大瀬太郎

初めまして 『努力を成果に直結させる専門家』 大瀬太郎と申します。 私は現在、主にビジネスのスタートアップにある方、 多少の売り上げはあるものの、まだまだ収益が不安定な方に対して 『努力を成果に直結させるサポートを』しています。 残念ながら、私は『楽して稼ぎたい』とか『お金は欲しいけど努力はしたくない』という方に成果を創ることはできません。 しかし『必要な努力はする!』と決意している人に対しては、 最良のパートナーになれることをお約束します。 私は『頑張るものが報われない』ということが許せないのです。 そんな社会が腹ただしいのです。 あなたが私を頼ってくれるなら、 私はもう二度と、あなたに無駄な努力はさせないと約束します。