キャッチコピーを上手に機能させる3つのチェックポイント

こんにちは!
FUTOIKKU(ふといっく)です。

ゴールデンウィーク10連休が終わり、通常モードになりましたね^^
休みがあった人もなかった人も、また1日1日いっしょに進んでいきましょう!

 

ちなみにこの”ゴールデンウィーク”という言葉、映画業界が考えたキャッチコピーって知っていました?

太郎
じつは、大型連休で映画を観る人が多かった時代に

「この期間中にヒット作をぶつけよう!ついでに宣伝も兼ねて何か良い言葉を作っちゃお〜!」

っちゅうことで映画界が宣伝も兼ねて作り出した言葉だそうですん。

ゴールデンウィークがキャッチコピーだったとは驚きですよね、、!

 

 

 

さて、
前回の記事ではキャッチコピーの作り方についてお話しをしていきました。

詳しくは前回の記事にまとめてありますので、ぜひご覧ください!

【心を掴むキャッチコピーの作り方〜続きを読んでもらえるかはキャッチコピー次第〜】
https://www.taro-ose.com/2019/04/28/12/44/38/

 

いざ!キャッチコピーを書いてみたものの「なかなかしっくりこない」「こんな感じでいいのかな…」など、
不安に思ったことがある人もいますよね。

作ったものを色んな人に見てもらい
反応を見れればベストですが、
市場に出す前に自分でもキャッチコピーの良し悪しの判断ができる3つのチェックポイントを今回は紹介していきます。

 

 

ではいってみましょう!!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

▼目次

1、キャッチコピーの上手に機能させる3つのチェックポイント
1-1、一目で「自分のことだ!」とわかるか?
1-2、「何が得られるか」がわかるか?
1-3、明確なイメージを持てるか?

2、前回のキャッチコピーをセルフチェック!

3、まとめ

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

1、キャッチコピーの良し悪しを判断する3つのチェックポイント

1-1、一目で「自分のことだ!」とわかるか?

 

キャッチコピーで一番大切なことは「心をキャッチする」こと。

ターゲットが「これは自分のことだ!」と、ぱっと見の3秒(ほぼ直感)で理解できなければ、その先を読まれることもなく離れていってしまいます。

「中身を読んでもらえない」「クリック率の低下」「HPの直帰率」などの悩みが生まれてしまうんですね。

それを防ぐためにも、まずは確実に1人にメッセージが伝わること!

ブログならタイトル、HPならはじめに目を引くものが「言葉自体に問題はないか」「言葉不足でないか」「コレ、自分のこと言っている!」と分かるかを再度見直していきましょう。

 

 

1-2、何が得られるかわかるか?

 

ターゲットにとってお得な情報だと一目でわかるまで、わかりやすい表現にできているかチェックをしていきましょう。

ターゲットが興味があるのは、商品の特徴ではなく”自分にどんな利益をもたらしてくれるか”→「で、私はどうなるの?」です。

「自分が得する情報だ!」と思ってもらえれば、その先も興味を持って読み進めてもらえます。メッセージの視点を自分からお客様視点に変えて、お客様の利益が客観的に見つけやすくなっているかどうかチェックしていきましょう。

合言葉は「で、私はどうなるの?」ですよっ!!

 

 

1-3、明確なイメージを持てるか?

文章は具体的であればあるほど説得力が増していきます。そのための一番簡単な方法が「数字」です。事例や数字を使うことで相手が明確で具体的なイメージを持つことができます。

例えば「営業成績アップ!」より
「たったの2ヶ月で営業成績200%アップ」の方が具体性がありますよね^^

このように出来上がったキャッチコピーは、お客様目線を意識して確認をしていきましょう!

 

 

2、前回のキャッチコピーをセルフチェック!

実際に前回作成したキャッチコピーでセルフチェックをしてみました。

営業マンが勝手に動きたくなるセールスコーチングで
叱らなくても褒めなくても営業成績200%UP!

 

1-1、一目で自分のことだと分かるか?

営業マンを育てている上司
(キーワード:営業マン、叱らなくても褒めなくても)

1-2、何が得られるかわかるか?
「で、私はどうなるの?」

→◯
セールスコーチングで営業成績200%UP
叱らなくても褒めなくても部下が成長する。

1-3、明確なイメージを持てるか?
→△
営業成績200%UP!

ココで期間を入れた方がより具体的なイメージになると思ったので期間を付け足していきます。

そしてブラッシュアップ後がコチラ

 

(Before)

営業マンが勝手に動きたくなるセールスコーチングで
叱らなくても褒めなくても営業成績200%UP!

(After)

営業マンが勝手に動きたくなるセールスコーチングで
たった2ヶ月で叱らなくても褒めなくても営業成績200%UP!

 

 

3、まとめ

前半、後半と2回に渡りキャッチコピーについてお伝えしてきましたがいかがでしたでしょうか?

今回お伝えしたチェックポイントも活用し、色んなキャッチコピーを見ていくとヒットしている秘訣が分かるかもしれませんね^^
そしてあなたのキャッチコピー作りのお役に立てれば嬉しいです♪

 

 

 

あなたも一緒にフトイック!

それでは今日もふといっくな毎日をお過ごしください。


futoikku Line@

日常から、非日常まで!
幅広いジャンルの「仕事」の話をお届けします
あなたの毎日を太く育む上昇系Line@