【解決】Youtubeの再生回数が伸び悩んでいる時の解決策

太郎
この記事では、
現在Youtubeをやっている方向けに書いてあります。

 

  • Youtubeをやっているけど、
    再生回数が伸び悩んでいる
  • チャンネル登録者数がなかなか増えない

 

Youtubeで心が折れそうになる原因第1位にランクインしてそうな「再生回数が伸びない」問題。

 

「Youtuberとして人気を出したい」
「仕事としてYoutubeを活用したい」
人にとっては、再生回数や登録者数は切っても切り離せない話しですよね。

 

今日はそんな対処法についてお伝えしていきます。

 

 


▼目次

1、動画の中身を強化する

2、コメント欄はヒントの宝庫

3、動画数を増やすこと

4、SNSで相乗効果を生む

5、まとめ

 


 

1、動画の中身を強化


動画の中身=視聴者の問題解決
です。


「ビジネスは問題解決」と言われますが、動画も全く同じ。

視聴者の知りたいことを問題解決している動画は伸び続けています。

 

 

例えば、
人気Youtuberのやってみた系の企画。

これは何を問題解決しているかと言うと…「実際どうなるの?」という視聴者の疑問を解決しています。

 

最近だとヒカキンが、
iPhone11を全種類水没させて「実際どうなるのか?」実験をしていました。

「CMでは防水・防塵とうたっているけど、実際どうなの?」という、一般人だとなかなかできないことを検証し、問題解決をしてくれています。

 

  • 料理系だったら、
    料理が苦手な人へ簡単・美味しくできるコツを解決していたり、
     
  • 美容系は、
    どうなったら綺麗になれるのかを教えてくれていたり、
     
  • ペット系だと、
    疲れている人への癒しの提供など、

視聴者の問題解決をしているYoutuberは人気です。

 

視聴者あっての動画なので、
徹底的に問題解決にフォーカスし、
「誰のどんなことを自分が問題解決できるのか」

ココを “撮影に入る前に”
しっかり
考えていきましょう。

 

 

ちなみに考え方のポイントとしては、

①視聴者が思っている悩みや問題を明確にする

②あなたの動画を見るとどうなるのかを具体的に考える

③その根拠を伝える

④視聴者の行動がどうなるのかを考える

 

実際にこの手順で考えていくと…

 

①視聴者が思っている悩みや問題を明確にする

→動画の再生回数に伸び悩んでいる
→どうやったら見られる動画になるんだろう…

②あなたの動画を見るとどうなるのかを具体的に考える

→動画が伸び悩んでいるときの対処法が分かる
→Youtubeがどうやって見られているか仕組みが分かる


③その根拠を伝える

→動画マーケティングでの結果
→動画が上手くいかなかった時の自分の失敗談や経験


④視聴者の行動がどうなるのかを考える

→動画再生回数を徐々に増やしていけるようになる

 

 

こうすると、
だいぶ動画の中身がしっかりしてきますよね。

撮影の時も、
視聴者が知りたいポイントを
分かりやすく伝えていくことができます。

 

「あなたは誰のどんな問題解決をしているのか」

内容を強化していき、視聴者に確実に届く動画を作っていきましょう。

 

 

 

 

2、コメント欄はヒントの宝庫

コメント=視聴者の声です。

 

良いコメントもアンチなものも、
コメント欄にはたくさんの学びがあります。






視聴者は客観的に観てくれているので、自分では気づかない部分を教えてくれます。

 

 

例えば、

  • 「声がこもっていて聞き取りづらい」
  • 「外の雑音が気になる」
  • 「動画では◯◯って言ってたけどそれはどういう意味?」

など視聴者の気になっていることを知れるので、「こういった動画を出したら観てくれるのかな?」と、次に活かしていくことができます。

 

 

コメントを拾いながら徐々に改善していく、それだけで動画のクオリティーは上がっていきますよ。

 

 

ちなみにコメントで質問されたことは、動画内で回答していけばOKです。

関連動画として上げたり、
視聴回数を伸ばすときにも使えるテクニックなのでおすすめです。

 

 

 

3、動画の数を増やすこと

動画の数が少ない=視聴者の選択肢が少ない
ということです。

 

テレビのチャンネルと一緒で、
そもそも番組の数自体が5本や10本だと視聴者も見る面白みが湧きません。

 

 

例えば、

毎日1本投稿していったら、
1年で365本。

1回おきに改善していった場合、
365回の改善ができます。

1週間に1本だと1年で52本。
52回の改善です。


まずこれだけでも圧倒的な差がついてきますよね。

 

動画の再生回数が増えないと悩んでいる人は、自分が上げた動画が何本なのかを確認してみてください。


50本以下の場合
は、
まず視聴者の選択肢(面白そうだなぁ)を増やすこと。

Youtubeを始めた人は20本あたりで挫折する人が多いので、まずは50本を目標にしていきましょう。


回数を重ねるごとに、
「喋り方」「伝え方」「魅せ方」の力もついてきますし、
チャンネルが成長してくるのもこの辺りからです。

 

 

 

 

4、SNSで相乗効果を生む

今の時代はSNSを上手く活用して、
外からの流れをいかに作るかが動画成功の鍵です。

 

 

ではどのような流れで、
自分のYoutubeに人が集まってくるのか?を見ていきましょう。

 

  • Youtube内に出てくる関連動画やオススメ動画から
  • Youtube検索から
  • Google、Yahoo検索から
  • SNSやブログの外部リンクから


主にこの4つから視聴者は入ってきます。

 

今の時代、
Youtube1本での勝負はなかなか厳しいので、SNSを活用し動画アクセスへの窓口を広げていきましょう。

 

  • 美容系なら、
    Instagram→Youtube

  • ビジネス系なら、
    Twitter→Youtube

この流れがオススメです。

 

 

活用方法としては、

SNSで発信したものを動画内で取り上げて詳しく解説していくのもいいですし、

SNSで視聴者が知りたいと思っていることリサーチして、それをコンテンツとして動画で発信していくこともできますよね。

 

その結果、
SNSとYoutube両方向からフォロワーを増やすことができ、根強いファンを育てていくこともできます。

 

このようにYoutube×SNSは相性がいいので、どんどん相乗効果を生み出していきましょう。

 

 

 

5、まとめ

Youtubeの再生回数が伸び悩んでいる時の解決策をお伝えしていきましたが、一番大事なことは「やめないこと」です。

 

スラムダンクの安西先生の、
「諦めたらそこで試合終了」という名言があるように続けていくことが何よりの力です。

 

そして続けていくコツは「楽しむこと」。

苦しいと感じることは、
なかなか続けるのも難しいです。

楽しみながら視聴者の問題解決をし、
楽しみながらコツコツ改善しつづけ、
丁寧に視聴者との信頼関係を構築していきましょう。

 

 

 

さぁ、あなたも今日からフトイック!
今日もチャレンジな1日をお送りください^^

 


futoikku Line@

日常から、非日常まで!
幅広いジャンルの「仕事」の話をお届けします
あなたの毎日を太く育む上昇系Line@